So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ダブル選で牽制、論戦から「逃げ管」 小沢氏もびっくりの選挙至上主義(産経新聞)

 野党が国会の会期末に内閣不信任案を提出した場合、「菅直人首相が衆参同日選挙(ダブル選)に踏み切るべきだ」との意見が14日、政府・民主党内で浮上した。民主党は同日、自ら提案していた国会の予算委員会開催方針も撤回。国会論戦を避けて「政治とカネ」の問題をかわして逃げ切りを図り、高支持率を保ったまま参院選に突入、あわよくば衆院選も同時に実施しようという「小沢一郎前幹事長もびっくりの選挙至上主義」(公明党幹部)だが、ダブル選に二の足を踏む野党側の動揺を誘う狙いもありそうだ。(佐々木美恵)

 「不信任案? 結構だ。ダブル選をやればいい。自民党は大変だぞ。うちは(衆院当選1回の)小沢チルドレンが落ちても、困るのは小沢さんだけだ」

 民主党幹部は14日、こう言い放った。ダブル選の脅しで野党が不信任案提出を断念すれば、野党の効果的な宣伝の場をつぶすことができる。

 ダブル選については、衆院選で大量当選した1回生に不利だとして「現実的でない」(別の民主党幹部)との見方が強い。ただ、一部の1回生からは「任期満了の3年後の選挙では、どうなるか分からない。支持率の高い今なら勝てる」と歓迎論も出ている。

 一方、民主党が予算委撤回を通告した強引な手法について、国民新党幹部は「小沢も驚いているだろう。『オレがわざわざ出て行くこともない』と言っているんじゃないか」と、小沢氏ばりの強硬戦術を揶揄した。野党に転じた社民党の重野安正幹事長も代表質問で「相次ぐ事務所費問題にふたをするなら許されない暴挙で選挙目当ての疑惑隠しだ」と批判した。

 民主党は、野党が求めていた鳩山由紀夫前首相や小沢氏の国会招致を放置し、小沢氏の元秘書、石川知裕衆院議員(民主党を離党)への議員辞職勧告決議案も棚ざらし。菅首相側近の荒井聡国家戦略相らの事務所費問題も厳重注意だけで幕を引こうとしている。

 国民新党幹部は論戦から逃げざるを得ない菅首相の置かれた状況をこう解説した。

 「菅の人気は小泉人気とは違う。政策をやらずにピューッと上がっている支持率は、いつ下がるか分からない。蓮舫(行政刷新相)や枝野(幸男幹事長)を前面に出して、菅は後ろでドンドコ太鼓をたたいているだけの選挙なんだから」

【関連記事】
枝野幹事長「提案を野党が拒否したから」会期延長せず
首相、参院選負ければで辞任かとの質問に「気の早い人だね」
亀井氏「踏みつけられてもバカにされても…」 民主と選挙協力
参院選 一転「公示後に応援決める」橋下知事の動向に熱視線
【菅政権考】「菅コール」なき脱小沢内閣

亀井氏辞任「異常な事態」=自民の大島幹事長(時事通信)
<水難>兄弟がゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
タイで拘束の男逮捕=不法入国助けた疑い―千葉県警(時事通信)
歯治療の2歳児、脱脂綿のどに詰まらせ窒息死(読売新聞)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)

菅氏の対抗馬探し難航…「戦犯」と指摘の候補も(読売新聞)

 鳩山首相(民主党代表)の退陣表明を受け、民主党内の「ポスト鳩山」選びが2日、本格化した。

 出馬表明した菅副総理のほか、党内には前原国土交通相(沖縄相)や岡田外相らを推す動きがある。ただ、前原、岡田両氏に対しては、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題をめぐる迷走の「戦犯」(小沢幹事長周辺)との指摘もあり、菅氏の対抗馬探しは難航している。

 菅氏の出馬表明を受け、菅氏を支持する議員グループは2日午後、都内のホテルに選対を発足させた。所属議員の1人は「党内は菅氏でまとまるのではないか」と期待を示した。

 菅氏への支持は広がりつつある。横路衆院議長を中心とした旧社会党系グループ約20人は2日夜、都内の料理店で代表選の対応を協議。出席者の1人は「社長が退けば、副社長が就くのは妥当だ、との考えでほぼ一致した」と述べ、副総理の菅氏支持の方向であることを明らかにした。枝野行政刷新相も2日夜、菅氏支持を表明。野田佳彦財務副大臣のグループ幹部も2日、「菅氏は民主党創成期のメンバーだ。野田氏との関係も良く、グループとして乗りやすい」と語った。

 一方、菅氏の対抗馬の有力候補と目される前原氏は2日、国交省内で記者団に、代表選への対応について「全く白紙だ」と述べるにとどめた。前原氏同様に注目される岡田外相も2日夜、記者団の質問に無言だった。

 前原氏は2006年の偽メール問題で、岡田氏は05年の衆院選惨敗で、共に任期途中で代表辞任に追い込まれた経験がある。その一方、党内では「2人は個性が強く、ともに参院選の顔として十分に通用する」と期待する声は多い。

 ただ、両氏は首相辞任のきっかけとなった普天間問題の担当閣僚。党執行部の1人は「普天間の責任は免れない。今回は出馬を控えるべきだ」とけん制する。

 党内では、小沢氏と前原氏のグループが「菅代表」を前提に、党運営の主導権をめぐって綱引きを始めたとの見方も出ている。

 前原氏は2日、枝野氏や福山哲郎外務副大臣ら前原氏のグループ幹部数人と代表選対応を協議。出席者によると、「党運営を小沢氏主導としないことを条件に、菅氏の支持に回ることを考えてもいい」との声も出たという。

 小沢幹事長に近い中堅議員でつくる「一新会」が国会近くで開いた会合には約40人が集結。松木謙公事務局次長は会合後、記者団に「みんなで団結して動きたい」と語った。同日夜、再び集まっての会合では、菅氏や原口総務相を推す声が出たという。

 一方、川端文部科学相を中心とする旧民社党系グループが2日、国会内で開いた会合では、「代表選を無投票にすべきではない」との声も出た。

政調会長などで詰め=「菅執行部」、7日発足(時事通信)
女優の宝生舞さんが引退(時事通信)
<みんなの党>参院選栃木選挙区に荒木大樹氏を擁立(毎日新聞)
住居侵入容疑で市職員逮捕「下着盗もうとした」(読売新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>混入農薬を再製造 名古屋高検が要請(毎日新聞)

参院選のネット戦術 千葉「街頭演説を動画で紹介」(産経新聞)

【ネット選挙〜現場報告】

 夏の参院選千葉選挙区(改選数3)には9人が立候補を予定している。それぞれの立候補予定者はインターネット上にホームページやブログを開設。連日、更新しながら選挙活動を行っている。

 民主の道あゆみ氏は、公式ブログ「今日のあゆみ」で街頭演説などの活動を報告。「今日の〜」というタイトルだが、4月17日から更新されたのは4回ほど。一方、ツイッターでは携帯電話などから1日数回はつぶやいて活用しているが、選挙期間中のツイッター更新は自粛される見通しでネット戦略も微妙な影響が出てきそうだ。

 動画投稿サイトのユーチューブ(YouTube)で「コニタンチャンネル」を公開しているのは民主の小西洋之氏。街頭演説の様子などを動画で紹介しているほか、活動ブログやツイッター「コニタンなう」も頻繁に更新するなど幅広くネットを活用する。

 自民の椎名一保氏は、7年前から公式HPに国政報告「しいなPEPORT」を随時掲載しており、5月末までに計57本をアップしている。ただ、現状ではブログやツイッターは利用しておらず、ネット活用よりも従来の選挙戦術に重点を置いているとみられる。

 自民の猪口邦子氏は、昨年末からツイッターに参入。1月の公認決定後も精力的にツイッターによる発信を続けてきたが、なぜか5月17日以降は更新が停止している状態。無党派層の支持が頼りの候補者だけに、今後、ネット上でのアピール戦術が注目される。

 共産の斎藤和子氏は、日々の活動内容を記したブログをほぼ毎日更新し、県内各地を精力的に飛び回っている様子がうかがえる。

 みんなの党の水野賢一氏は4月17日にブログを開設。その4日後には同党から出馬要請があったことをブログで報告した。以前は「更新が億劫で…」とブログに対して気が引けていたという水野氏だが、デビュー後はほぼ毎日更新している。

 新党改革の西尾憲一氏は、28日現在、公式HPにアクセスできない。

 日本創新党の清水哲氏は、印西市議時代から続けているブログ「あいラブ北総」を、「ゼロからの挑戦」とタイトルを変えて国政への思いをつづっている。

 幸福実現党の牧野正彦氏は、ブログでの「活動ニュース」とユーチューブによる動画公開を精力的に行っている。

 ネット選挙の解禁で与野党が合意したことを受けて、夏の参院選からインターネット上のホームページやブログを使った選挙活動が可能となる見通しだ。立候補予定者たちの「ネット戦術」を随時リポートする。

【関連記事】
自民、ネットでボランティア募集 参院選向け
ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意
サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実
「ネット選挙解禁」反対意見なし 協議スタート
民主党、ネット選挙準備に着手 参院選想定し攻勢へ 動画など充実

沈没トルコ艦 救助から120年 和歌山・串本で追悼式(毎日新聞)
<東京工業大>教員が大学院入試成績入りハードディスク紛失(毎日新聞)
<訃報>児山敬一さん83歳=元学習研究社専務(毎日新聞)
新潟の遺棄事件、胴体に刺し傷4か所(読売新聞)
<ケシ栽培>神奈川県が「問題なし」と誤指導 藤沢の農家に(毎日新聞)

<振り落とし殺人>2容疑者を逮捕 京都府警(毎日新聞)

 京都府福知山市で男性が逃走車から振り落とされて死亡した事件で、府警福知山署は17日、同市荒河、会社員、井上慎伍容疑者(23)を殺人と住居侵入容疑で、滋賀県長浜市高月町、家業手伝い、小柳憲士郎容疑者(22)を殺人容疑で、逮捕した。2人は容疑を大筋で認めているという。

 逮捕容疑は、井上容疑者は16日午前5時5分ごろ、福知山市堀のアパートの派遣社員(38)方に侵入。乗用車の助手席で待っていた小柳容疑者と逃げる際、制止しようとした近くの無職、北野孝さん(59)を乗せたまま約170メートル走って振り落とし、殺害したとしている。

 同署によると、2人は、カラオケ店を出て別れたばかりの女性を捜してアパートの近くを通りかかった。その際、井上容疑者が知り合いの男性がこのアパートに住んでいることを思い出し、玄関をたたいたが応答がなく、風呂場の窓から侵入。室内にいた派遣社員と遭遇したが、別人だと気付き逃げ出したという。

 井上容疑者は「40、50キロで走った」、小柳容疑者は「このままではけがをすると思ったが、制止することはしなかった」と供述しているという。【佐藤孝治】

【関連ニュース】
<事件の一報>殺人:制止男性を車から振り落とし死なす 容疑で逮捕へ−−京都・福知山
<事件後、犯人が出頭>男性死亡:侵入男の逃走車から振り落とされ 京都・福知山
<関連記事>警察官への振り落とし殺人未遂:千葉地裁で裁判員裁判
<関連記事>裁判員裁判:車で警官にけが 被告に懲役5年−−地裁判決 /千葉

米政府、くい打ち方式を正式拒否 「ミサイル攻撃に弱い」 日本政府案振り出しに(産経新聞)
普天間未決着でも首相は続投を=民主・細野氏(時事通信)
政府、和解協議入り表明へ…B型肝炎集団訴訟(読売新聞)
高速道の新割引 6月断念を表明 国交相(産経新聞)
石原知事、谷さん擁立「日本を考えたことあるか、聞いてみろよ」(産経新聞)

還付金詐欺グループ3人を逮捕 被害額7000万円か(産経新聞)

 医療費の還付金名目で現金自動預払機(ATM)を操作させ、現金約150万円を詐取したとして、警視庁捜査2課は電子計算機使用詐欺の疑いで、東京都豊島区上池袋、無職、山本浩二容疑者(38)ら3人を逮捕した。同課によると、山本容疑者らは「金を引き出した事実はあるが、詐欺の認識はない」と供述している。

 同課は、山本容疑者の犯行グループによるとみられる被害が昨年4月以降、都内で約80件、約7千万円にのぼるとみて調べている。

 逮捕容疑は3月9日、区役所職員を名乗って東京都中野区の無職男性(74)方に電話をかけ「医療費の還付金が3万円ちょっとある」とうそを言い、都内の金融機関のATMを操作させて山本容疑者らが管理する口座に約150万円をだまし取ったとしている。

【関連記事】
元郵便局長が7億円着服か 浜松、還付金など1年半で
還付金詐欺容疑で暴力団員を再逮捕 被害は9道県で7千万円か
市職員装い還付金詐欺 4人を再逮捕 兵庫
振り込め被害3分の1に減少 今年上半期、警察庁まとめ
民主地方議員 鳩山氏支部献金で税還付? 規正法違反の疑い
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「最初の診療」質向上へ本腰 学ぶ医師増やせ 認定制度を充実 学術団体と日医 (産経新聞)
児童買春容疑で村係長逮捕=早退し上京、17歳少女に−警視庁(時事通信)
「持ち直し」に上方修正=消費動向調査の基調判断−3月(時事通信)
辺野古埋め立て、首相が全面否定 政府はくい打ち方式の浅瀬案検討(産経新聞)
<全国町村会>新会長に藤原・長野県川上村長を選出(毎日新聞)

谷垣氏「首相は発言が軽い」 党首討論(産経新聞)

【党首討論詳報】(1)

 鳩山由紀夫首相(民主党代表)と、自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表による党首討論が21日、行われた。討論の詳報は以下の通り。

 谷垣氏「総理。先日は米国に行きまして、核セキュリティーサミットに参加されましたね。これは米国と日本がイニシアチブを取って始めたもので、確かシェルパ会合も日本で行われたと記憶しています。日本は唯一の被爆国という立場であり、当然このサミットでは外交的なリーダーシップを発揮しなければならない。こういうことであったと思います。ところが私はこれが終わりました後のメディアの評価を読みまして、がくぜんとしました。ワシントン・ポストであります。オバマ政権の当局者の意見によれば、このショーの最大の敗北者は、あわれでますます愚かな鳩山首相だったとまで言っている。私は怒り心頭に発しました。なんたる日本国総理大臣に対する暴言だろうと、私はそのように思いました。しかし、考えますと、その原因が総理、あなたにあるこということも否定できません。問題は前回の党首討論でも申し上げましたが、総理の政治の責任者としての発言。これが軽い。そして、うまくいかないときにはあたかも他人事のように責任を転嫁する。こういうことが今までいくつもありました」

 「あなたの政権で政治と金の問題。誰一人責任を取った人がいません。そしてまた政策においても、数々のマニフェスト(政権公約)違反がありました。あなたたちのいわゆる改革を推し進めるというよりか、むしろ歯車を逆に回している面がある。そのひとつは、郵政改革ですね。官から民へという方向への逆行。それから公的金融の肥大化。財投復活。こういう道を歩んでいるじゃありませんか。それから2番目。これは高速道路です。あなたたちのマニフェストでは原則無料化であったはずが、いつの間にか実質値上げ。浮いた財源で高速道路を造る。こういうようなこと。そのほか枚挙にいとまがありません。しかしなかんずくですね、公務員制度改革。これについては、もともと民主党のマニフェストでは人件費2割削減。何一つ手が着いておりません。それから天下り根絶。これも逆方向に進んでいる。福田内閣のときに与野党一緒になって作りました国家公務員制度改革基本法も無視している。これはつまり、労組依存、労組言いなりの御党では絶対にできない。こういうことを証明しているのではないかと思います。ところがこういう法案を出しておきながら、今週末にはですよ。審議を尽くさないまま無理やり採決をするというようなことがいわれてもいる。まさか、そんなバカなことはなさらないでしょう。あらかじめ警告をしておきます。そして先ほどの核サミットに返りますと、総理は10分間、オバマ大統領と会談をされたということであります。この10分間で何を議論されたのでしょうか」

【関連記事】
財源なしに公約つくれない 野田財務副大臣
題多い民主党の公務員改革
「私もぼやぼやしていられない」と自民・谷垣総裁
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
鳩山首相、普天間「混乱しているよう報道され…」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

首長新党 新党名はなんと「日本創新党」!(産経新聞)
<日本医師会>会長選を直接選挙に…原中会長(毎日新聞)
<口蹄疫>宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請(毎日新聞)
もう手放せない! 男性にも広がるストール人気(産経新聞)
無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に−報酬も同時期倍増・東京(時事通信)

<山崎宇宙飛行士>ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】山崎直子宇宙飛行士(39)ら7人が搭乗するスペースシャトル「ディスカバリー」は米東部時間17日午前8時52分(日本時間17日午後9時52分)、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングを解除し、地球帰還に向けた飛行を始めた。同7日未明のドッキング以来10日間に及ぶ物資補給任務を終えた。シャトルは同19日朝(日本時間19日夜)、ケネディ宇宙センターに着陸する予定。

 ドッキング解除の約3時間前には、史上最多だったISSとシャトルの乗組員13人全員が、シャトルが結合しているISSの「ノード2」と呼ばれるエリアに集まり「お別れの儀式」が行われた。

 ISSのオレッグ・コトフ船長が「さよならを言う時が来た。シャトルの素晴らしいクルーは、素晴らしい仕事をした。心からありがとうと言いたい」とコメント。シャトルのアレン・ポインデクスター船長も「素晴らしい滞在だった。船外活動、ロボットアームでの作業などすべて成功した」と述べた。山崎さんはISS長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(45)らISS乗組員と抱き合って別れを惜しんだ。

 ISSから離脱したシャトルは単独での地球周回に移行。今後システムの点検や船内の片づけなどを行いながら、帰還に備える。

【関連ニュース】
山崎直子宇宙飛行士:アームを操作しシャトルの機体点検
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
スペースシャトル:アンテナに不具合
スペースシャトル:山崎直子さん、物資移送責任者の重責

<ノリタケ>子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に(毎日新聞)
日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
国庫負担「肩代わり」法案を可決−衆院厚労委(医療介護CBニュース)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)
日医会長、自民参院候補の推薦取り消し提案へ(産経新聞)

普天間5月決着、米大統領に協力求める…首相(読売新聞)

 【ワシントン=小林弘平、小川聡】鳩山首相は12日夜(日本時間13日午前)、核安全サミットの夕食会の席上、オバマ米大統領と非公式に会談した。

 首相は、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、5月末までに決着させるとした日本政府の方針を直接説明し、大統領の協力を求めた。

 会談は、夕食会冒頭の約10分間行われた。会談後の首相の記者団に対する説明によると、首相は「日米同盟は大変大事で、その考えの中で努力している最中だ。ぜひ協力願いたい」と強調。その上で、「沖縄の負担軽減は日米同盟の持続的発展に大切だ」と訴えた。ただ、鹿児島県の徳之島に同飛行場のヘリ部隊の多くを移転させるなどとした日本政府の移設案を具体的には示さなかったという。

 大統領の発言については「申し上げることは出来ない」と明らかにしなかった。

 米側は日本政府の移設案に対し、〈1〉移設先の地元の理解が得られる見通しが立っていない〈2〉海兵隊の運用面でも基準を満たしていない――として、日本側が求めている実務者協議入りには当面応じない方針を伝えている。大統領もこうした方針を踏まえ、慎重な発言にとどめた模様だ。

 首相は記者団に「5月末までに決着する。その思いのもとで努力する。それぞれの立場で移設先をしっかり決めていくことが大事だ」と強調し、「大統領の立場で、関心を持って見ていただけると思う」との期待感を示した。一方で、「米国と接触しないと決着にならない」ともして、米側に交渉促進に向けた働きかけを強めていく意向も示した。

 オバマ大統領は核安全サミットに合わせ、13か国の首脳級と公式に会談する予定だが、唯一の被爆国である日本の首相との公式会談は見送られた。普天間移設問題を巡る大統領の首相に対する不信感の表れとも受け止められている。

ペット投棄の元町議、飼い主に別の骨渡す(読売新聞)
ガス業界、熱利用の新インフラ スマートグリッドに対抗(産経新聞)
「命の限り頑張る」審理差し戻しに奥西死刑囚(読売新聞)
携帯基地局巡り各地で紛争 鎌倉市は「設置条例」施行(J-CASTニュース)
<阿久根市訴訟>元係長の懲戒免職処分取り消し…鹿児島地裁(毎日新聞)

「彼女を迎えに」ひき逃げ容疑で24歳逮捕(読売新聞)

 埼玉県警上尾署は5日、久喜市菖蒲町小林、トラック運転手岸和也容疑者(24)を危険運転致傷と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 発表によると、岸容疑者は3月21日午後6時20分頃、伊奈町小室の町道で乗用車を運転中、交差点の赤信号を無視して直進し、右からきた蓮田市の少年(18)のバイクと衝突、少年にねん挫などのけがを負わせたまま逃走した疑い。

 少年はピザを配達するアルバイトの途中だった。

 調べに対し、岸容疑者は「彼女を迎えに行くので急いでいた」などと供述しているという。

相模原が政令市に=全国19番目、「戦後生まれ」では初(時事通信)
「統合か、競争か」―審査支払業務の効率化で検討開始(医療介護CBニュース)
<火災>民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂(毎日新聞)
小沢氏元秘書、高橋嘉信・元議員が引退意向(読売新聞)
雑記帳 愛知グルメ図鑑…県のホームページで紹介(毎日新聞)

線路に転落した男性救助、会社員2人に感謝状(読売新聞)

 さいたま市のJR大宮駅で今月25日、酒に酔ってホームから線路に転落した男性を救助した男性会社員2人に30日、さいたま市大宮消防署から感謝状が贈られた。

 表彰されたのは、同市浦和区の村田龍彦さん(29)と同市南区の安部信太郎さん(34)。

 同署などによると、2人は25日午後11時45分頃、さいたま市大宮区のJR大宮駅6番線ホームで、同48分発の高崎線上り最終電車を待っていたところ、「ドスン」という音や騒ぎ声を聞いた。千葉県柏市の男性(35)の転落に気づいた2人は線路上に下り、横たわっていた男性を持ち上げ、ほかの利用客にも手伝ってもらってホームに引き上げた。最終電車は6番線に迫っており、到着のアナウンスも流れていたという。男性は顔に軽傷を負った。

 2人は会社の元同僚で、駅近くの居酒屋で行われた知人の送別会に参加した帰りだった。

 村田さんは「電車のライトは見えなかったので、まだ間に合うと思った」と話し、安部さんは「必死だったので、ほとんど覚えていない」と振り返った。

完熟マンゴー 「太陽のタマゴ」2個で20万円 宮崎市場(毎日新聞)
防犯完備の高級住宅狙い空き巣=容疑の韓国人2人逮捕−計7000万相当か・警視庁(時事通信)
杉並・和田中の「夜スペ」施設使用は適法(産経新聞)
小沢氏、共同資産不記載 土地とホテル 公表義務に抵触も(産経新聞)
鳩山首相、郵政法案決着「一任受けて即断即決」(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。